synecdoche445:

ザ・フィクション

synecdoche445:

ザ・フィクション

synecdoche445:

ザ・フィクション

先月来、視聴者の興味を煽り、むやみに期待させた上で、”登場”させずに裏切るという制作手法が、過剰な演出として問題となったが、今回も”このあと・・・”“CMのあと・・・”と字幕を提示しながら、結局来週の話だったりする引っぱり手法に対し、「視聴者を馬鹿にした詐欺的方法だ」と厳しい批判があった。
そんなに“報告”が大事なら、「部下を管理できないんです」って自分の上司に報告しとけやボケ。

pinklikeme:

cuteness-daily:

RELEASE THE PIGS!

oh my goodness

さっき雑煮に鰹節を投入しようとしたら、
手元が狂って鰹節を床にぶちまけてしまった。
床に丁度ネコが寝てたのだが、空から1万円が降ってきた人のようになってた。

今うっとりした顔で体にかかった鰹節の粉を舐めてる。

草食系って言葉が流行ったときもそうだけど、女子力の高い低いだとか、こういう人をラベリングするような新語ってのは話題になりやすい(釣りやすい)んだよな。そんで定義が曖昧なままあちこちで使われてたくさんの人が傷ついて、そして数年後には誰もが忘れてしまう。
ああ……正論ね。正論って駄目だよね。人の怒りとかってコンロの火みたいには消えないから、うまく騙して振り回して風に当ててやって、ゆっくり鎮火させないと駄目なんだよね。テクニックが必要なんだよ。正論って一発勝負で、そんなのカッときてる人には効かないし、そうなるとその正論を繰り返すことになるから同じ台詞を言わされて聞かされて、何で判んないんだよ何言ってんだよって結局お互いイライラし始めて感情的にぶつからざるを得なくなるよね
— 舞城王太郎 『ビッチマグネット』 P65 (via error888) (via aya18) (via tanaka617) (via uessai-text) (via f4kinenbi) (via sukoyaka) (via tsuyoshi) (via joker1007) (via otsune) (via quote-over100notes-jp) (via mikanthecat) (via yellowblog)